歴史文化

清朝の皇子教育

作者:  来源: http://jp.qingxiling.com/history/n704.html   発布時間:2015-08-10

皇子是封建王朝中的一个特殊阶层,担负着延续皇朝血脉和承继国家政权的重任。清朝历经十二帝,除同治、光绪、宣统没有生子外,其余九帝共生育皇子113位。为了培养能够统驭国家的皇位继承人,巩固爱新觉罗家族的统治地位,清代制定了异常严格的皇子制度。清宫皇子,俗称阿哥,他们从一降生就被繁密的礼制包裹起来,也失去了普通百姓的亲情与自由,接受系统严格的教育。正是这种近乎严酷的教育制度,造就了有清一代诸多治世名君和辅政大臣。相当一部分皇子在书法、绘画、诗词、天文、著述等方面具有很高的造诣。为清王朝的统治和发展奠定了坚实的人才智力基础。


   一、天降祥瑞,皇子诞生


  据清史记载,皇帝降生之前,均会出现吉祥的异兆——祥瑞,其生母或金龙绕身,或梦月入怀,或梦里神仙赐子,预示天子降生,君权神授。


  二、幼龄就读,刻苦学习


  皇子5岁就要进入上书房读书学习,每天寅刻(凌晨3-5点)到校,薄暮(17-19点)放学。每年只有法定假期5天。皇子们虽然不需参加科举,但比普通孩子还要刻苦。


  三、广习才艺,博通经史


  每天上午,皇子在上书房师傅的指导下学习,以经史词章诗赋为主,兼学书画历算,此外,还要学习满语、蒙语、汉语和藏语。全面培养他们的治世才能和文化艺术修养。


  四、崇尚武功,苦练骑射


  上书房有满族和蒙古族的“谙达”教授骑射。每天15点以后,皇子们开始学习武功课程,除骑射外,还有鸟枪、刀枪器械、火器及拳术等。


  五、奉旨成婚,政治联姻


  皇子们一般长到15岁,便到了成婚的年龄。婚礼和婚宴在紫禁城内举行,是仅次于皇帝大婚的隆重典礼。皇子的正室妻子----福晋由皇帝钦定指婚,皇子的婚姻均有着十分浓厚的政治色彩。


  六、年长封爵,分府而居


  皇子15岁便可以获得封爵资格,获得爵位的皇子,也同时获得皇帝赏赐的府邸,从皇宫中搬出居住,称为“分府”。皇子的老师也同皇子同住府中,继续辅导学业。


   七、围猎出巡,锻炼技艺


  每逢皇帝去南苑行围或木兰秋狝(xiǎn),皇子都会护驾随行,参加围射,一方面考核他们的骑射功夫,也为皇子们提供在“实战”中学习锻炼的机会。


  八、参与政事,增长才干


  清朝十分注重皇子的实践锻炼学习。通过让皇子们充任旗主,参与国事,体察民情,治理政务,率军征战等等,从而不断提高他们治国安邦的实际才干。


  九、雄才大略,治国名君


  清代皇子大多文武双全,总体素质明显优于明代,尤其是出现了康熙、雍正、乾隆等治世名君,缔造了中国封建历史上最为繁荣的“康乾盛世”。


  十、辅佐父兄,治世能臣


  多数优秀皇子,成为辅佐父兄的肱股之臣,在清代的政治舞台上发挥了举足轻重的作用。其中礼亲王代善、睿亲王多而衮、怡亲王允祥等就是其中的杰出代表。


  十一、保国安邦,扬威沙场


  清朝自太祖肇兴东北,到定鼎中原开疆扩土,许多皇子成为驰骋疆场、身经百战,成为战功赫赫的大将军。如:努尔哈赤的儿子多铎、顺治的儿子福全、康熙的儿子允禵等。


  十二、文坛艺苑,风流雅士


  清代皇子中有许多以诗文书画著称于世的名家。如:画家允禧、书法家永瑆,允祉、允禄,精通戏曲音律、天文历算,著有多部音律、历法、算法、天文的重要著作。


  十三、过继旁支,维系皇脉


  皇帝近支王公中,如果出现爵位无人继承的情况,皇帝便将皇子出继袭爵,这样既可延续皇家支派血脉,避免王权旁落,又可使皇子得到现成的王位和财产。


皇子は封建王朝の中の一つの特権階級を担う続きダイナ国家政権を引き継いだ血と。清朝十二帝経り、同治、光緒、宣統帝は出産のほかに、九出産皇子113位計。が統が国を育成するための皇位継承者、統合愛新覚羅家族の統治地位、清朝の異常厳しい皇子制度を制定した。清宮皇子、通称お兄ちゃん、彼らから生まれは密生している礼制に包まれていても、失った庶民の親心と自由、厳格な教育を受けるシステム。まさにこのあやうく厳しい教育制度が、多くが清世代治世名君と辅政大臣。相当皇子は書道、絵画、詩、天文、著述などの高い造詣。清王朝の統制と発展を築いた固体の人材の知能の基礎。


一、天降瑞祥、皇子誕生


清によると記載され、皇帝が生まれる前は、吉祥の異兆――瑞祥、実母や金竜を身、夢や月収懐たり、夢の中で神仙賜子、新手卡天子が生まれ、君権神授という。


二、幼齢を勉強し、勉強に励む


皇子5歳入力に書房読書勉強して、毎日寅刻(午前5時)が登校し、夕方(17-19時)放課。法定休暇日は毎年5。皇子達は必要ない科挙が、普通の子供よりも骨身を惜しまない。


三、広い習才芸、博通经史


毎日午前、皇子に書斎で師匠のもとで学んで、经史における詞章诗赋を主として、兼修書画暦計算して、また、さらに勉強满语、モンゴル語、中国語とチベット語。全面的に育成彼らの治世の才能と文化芸術の教養。


四、あがめ武功、練習弓馬


書斎にある満州族やモンゴル族の「には」教授弓馬。毎日15時以降に、皇子たち武功課程を勉強し始めており、弓馬のほかに、また鳥銃、銃刀機器、火器やボクシングなど。


五、絶対成婚、政治縁組


皇子達は普通は長い15歳、が成婚の年齢。結婚式や披露宴は紫禁城で行われ、皇帝は結婚式に次ぐ盛大。皇子の正室----福晋妻は皇帝から欽定、婚、皇子の婚姻は非常に濃厚な政治色。


六、年上爵位を授ける、分府近所で


皇子15歳が爵位を授ける資格を獲得することができ、獲得爵位の皇子、皇帝も獲得する恩賞の邸宅は、皇居の中から搬出居住を「分府」。皇子の先生も同じ皇子同居府中、輔導学業続け。


七、深い旅を鍛え芸


それに囲まれて南苑皇帝に行やモクレン狝(。秋はn)、皇子が皇帝を護る随行し、参加を射、一方で彼らの弓馬技量審査、皇子を提供する「実戦」で鍛える機会。


八、参与政治、才能を高める


清朝を重視皇子の実踐を勉強。皇子たちを充任旗主、参与国事を察して、民情を理解し、治理政務、率軍徴戦など、それによって向上を彼らの実際の才干を国を治めて安らかにする。


九、大略、治国名君


清朝の皇子が文武両道、全体の素質の多くの方が明朝に、特に現れた康熙、雍正、乾隆帝などの治世名くん、いきいきとした中国の封建のs史の上で最も繁栄した「三世の春」。


十、補佐父兄、治世が臣


多くの優秀な皇子となり、補佐父兄上腕株の臣、清朝の政治の舞台で重要な役割を発揮した。その礼親王代善、睿親王が多くて衮、怡親王允祥などはその代表の傑出している。


11、国を守る安邦砂場、威力を示す


清は太祖肇興東北、都を定める中原开疆拡土、多くの皇子に戦場で大活躍する、百戦錬磨、武勲赫々たる大将軍。例えば:ヌルハチの息子多铎、順治の息子福全、康熙の息子允禵など。


十二、文壇芸苑、風流粋人


清朝の皇子で多くの詩文書画を誇った名家。例えば:画家允禧、書家永瑆、允祉、允禄音律に精通し、戯曲、天文暦計算の響きを著し、暦法、アルゴリズム、天文の重要な著作。


十三養子縁組旁支、つなぎとめて皇脈


皇帝の大公に近いが、爵位無人継承の場合、皇帝は皇子出继袭爵で、このように続くことができるロイヤル傍流血を避けるために、旁落王権を得、皇子出来合いの王位と財産。

結語


ある少数民族が天下をとる中原、开疆拡土、を統べる華夏、いきいきとした封建社会の最後の輝き盛世、延長の近い3世紀の王朝統制は、特殊な歴史の背景、軍事、政治などの要因に加えて、我々は認めざるを得ない子どもの教育制度を厳格に皇帝清朝の作用と影響を当てこのような厳しい教育が育てた一つ一つの優れた清朝の高層の支配グループの中心人物。


基礎教育は、人材は希望。清朝の皇子の教育制度はどんな形から目的の内容もそれ特有の歴史、階級、民族の局限性が、この重視してはいけない慣れたの態度、厳格で気ままな教育制度は比較的に成功した。改革開放、民族振興の今日、我々の後継者とするために、彼らが切り開く、歴史の重任を担う、清代の皇子教育はきっと値打ちがある私達の参考にする。