歴史文化

陵墓管理機構と村

作者:  来源: http://jp.qingxiling.com/history/n709.html   発布時間:2015-08-10

今は国内では主要な住民西陵満州族の村、清朝の時は陵墓管理機構営舎。これらの兵舎の形成は、雍正建泰陵、光慕陵建設の後で止まる。崇陵からは民国年間完成のプロジェクト、民国政府はその建物の陵墓管理機構は、その陵墓祭りと管理の諸ことは他の陵墓を差配。清朝滅亡後、これらの陵墓機構兵舎の名称は民国の年間改村制時に変更に今の村の名称。


泰陵の陵墓が着工後、守るために山岳億万年永遠の計画は、雍正八年から乾隆元年前後して週囲の陵墓陵区管理機構を設立、担当の陵墓の工程管理、祭りなどの各事務を形成し、1本の巨大な、システムの全方位の管理守護チーム。これらの陵墓管理機構分業によって、それぞれ責任を負う。


もの府は陵区の最高管理機構は、その関係者は皇帝の兄弟子侄など皇室のスタッフが担当し、その職責は規制、監督・査察陵区すべて事務、直接奏报皇帝権。


ここは町总兵陵墓最高軍職役人を担当し、八旗大隊や緑営の事務で、ここは最高の文民陵墓町台。


陵墓工部を担当し、各陵墓の補修工事、製造部祭器、制作各陵区清明節の祭りの時に供の大きさを仏花、製造各祭りの時に焼却の金銀洲性図紙を担当し、予備清明節行敷土礼によって行けず、土でかご、黄布護履。各妃园寝の四時大祭りの日、社员も協力内務府、礼部用テーブル枚、配列の酒樽など。


緑営は緑営兵在住の兵舎のため、緑営兵八旗漢人用旗は緑のため、緑と旗兵。彼らの陵墓が週辺の保護の仕事を担当する。八旗兵舎居住八旗兵、専任担当の陵墓が週囲の安全を参与の陵墓の祭り。


陵墓内務府所管行政・司法。社员を送還まで礼部倉庫、祭りの時に用の各種金銀器、制作祭陵用のお供え物、熬制ミルクティー、開閉宮門、殿門、掃除して地面に、本に乗って消し雨、燈火を送っていただき、神札、置き機枚、陳列供え物を捧げるミルクティーを渡し、管か木。


陵墓礼部、主に生産や供給制作生け贄の各種の原材料、物、司会祭祀儀式、監礼、また、その人は、読んで祝文、焼く祝帛、紙锞、取り除く雑草、掃除、地上での陵墓内務府、八旗兵共同管理金銀器ライブラリ、宰羊や牛を殺し、制作肉食生贄などが牢、少なく牢など。


軍事試験会場は将兵練武の地。


今、これらの陵墓機構兵舎のアドレスが依然として存在し、ただ名称は村の名称に取って代わり、そして、今ある一つの村を含めた過去の多くの陵墓機構。泰陵八旗氏は現在太和荘村東門。


泰陵内務府氏は現在五つの河村、雍正建泰陵前の名は繁盛荘。


清朝の初期に建て泰陵礼部兵舎後部村、後から機構者全体に移転太和荘。


泰东陵八旗氏は現在鳳凰台の村もの通りの南、共に2列。


泰东陵礼部氏は現在鳳凰台の村もの通り北第1列。


泰东陵工部は鳳凰台の村の東の塀の外の今の学校の南東、現住民住宅。


鳳凰台の村の東の塀の外今学校では陵墓祭祀用の金銀倉庫と氷室、鳳凰台の村囲いの東南角内の引受事務司は民国の年間もの府(現在の西陵中学所在地)に引っ越して来て。


泰东陵内務府氏は、今、暁新村。


园寝八旗兵舎泰陵妃は現在南百泉村。泰陵妃园寝礼部氏は、現在太和荘村西頭の住民で、泰妃园寝内務府氏は、今、忠義村


昌陵八旗氏は現在北百泉村太平大隊。