歴史文化

清西陵陵区の形成

作者:  来源: http://jp.qingxiling.com/history/n711.html   発布時間:2015-08-10

清朝入国後、順治皇帝率いる相遵化県河北省にある地名まで昌瑞山下校猟に昌瑞山「王気緑、朕寿の宮”のため、「お取り佩韘投げ、諭吉侍臣曰:「韘落所を穴」からは陵、皆びっくり吉壌」。以来、昌瑞山風水宝地順治選定を建立した陵墓以降、康煕皇帝と副葬そこで、今から形成した巨大な規模の东陵陵区。では、西陵陵区はどのように形成されたのですか?         


                              

雍正即位後、封建社会の子によって父に従って葬の埋葬制度派地相大臣は东陵国内陵アドレスを、繰り返し卜を選択し、ついに九凤朝陽を選定した山が、その後またそこから「規模は大きくて、形局未全、穴の中の土にまた持って土砂が、実利用できない」。そこを潰した。その後雍正派その十三弟允祥や風水の大家高其倬改めて彼卜选万年吉地。彼らの踏破するた京畿一帯の山水、最後に選定した易县永宁山下太平峪。彼らの上奏文に称賛雍正に、ここでは「乾坤ポリショーの区、陰陽との所、龙穴砂水無美としては、理气諸情勢吉咸备、山脈水法、筋道詳明は、実にに吉壌」。この風水宝地雍正にも満足して、しかし彼はまた感じやすい州と遵化両地から200キロほど離れ、そんな父祖心不忍、まして古制式に逆行するかどうか?そのため、彼は派大臣たちを探す史料、歴史上はもうもどれ祖陵区から父のイラスト。大臣たちは繰り返し検証、彼にあげました多くの父祖建陵の事例を離れ、「臣に上奏文などは、帝王世紀と通志、を通して考える諸書、歴代帝王のように、夏禹浙江の会稽、自啓以下で山西の夏县、少康は河南の太康、その間に奚止千に行く……もし漢諸帝までを、漢文帝高帝陝西、然、景帝、武帝、分の咸陽に建てて、長安、高陵、兴平など県;唐高祖、太宗、高宗、元の分を建て、今の三原礼泉、乾州、蒲城などで、その間に遠者四五百に近者二三百裏。今ここ山太平峪万年吉地は孝陵と、景陵相を百裏、易州や遵化州の境界とみやこ近い、同居都の付近で、並んで神州、その実を遥かに未。」そう、距離の遠近古制合わないとは、そんな「地相のにかかわる瑞、天运の発祥の地、数千裏を列挙蟠结の福区、無限に長い年月の厚沢。」陵地の選択関係国の運命は、「皇帝は選択勝で切れ」。大臣達を経て一番を、雍正帝は「朕が心から不安」。は雍正八年(1730年)の建設が始まってから、1737年に完成し、これによる西陵陵区。


雍正もうもどれ陵区のことについては、上記の史書の記録のほかに、野史伝説。ある伝説は、雍正改詔簒奪、兄殺し屠弟。心にやましいところがあるので、だから死んだらない父に建陵、だから離れ康熙、もうもどれ陵区。あとは、雍正在位期間、野心的で、励精图治、清王朝の事業発展の基礎を築いた絶頂、したがって、帝王の陵墓の建物にも自分の勢いを表示。もしも东陵建墓、父親は先に祖陵して、自分の目的に達しないなので、もうもどれ陵区。先日、清西陵雍正専門家、建設、その戦略防衛・防衛都安全の意味。